筋トレ 筋肉痛

筋トレと筋肉痛は関係ある?

日々、筋トレに励んでいる皆さん。お疲れ様ですね。

 

でも、皆さんは?筋肉痛?に悩まされた経験はありませんか?

 

そもそも、筋肉痛って筋トレをしているから起こっているのでしょうか?

 

筋肉痛が起きてるのはいいサインなの?それとも体が出している赤信号!?

 

今回は、筋トレを始めれば必ずやってくるであろう「筋肉痛」と「筋トレ」の関係性と、筋肉痛の意味について特集します◎

 

筋トレと筋肉痛の関係性は?

 

普段運動していない人が、急に運動を行うと翌日から生活に支障をきたすほどの筋肉痛に見舞われた経験ありませんか?

 

その運動にもよりますが、事前にしっかりとストレッチを行わず走り出すと太もも辺りが痛くなったりなどなど。

 

なぜ、筋肉痛は起こるのでしょうか?

 

それは、今お話ししたように急に身体を動かしたりなどして筋肉に負担がかかり反応する現象が筋肉痛です。

 

これは、どんなスポーツなどもそうなのですが筋トレなども始めたばかりの頃は筋肉に負担がかかり筋肉痛になるんですよ、

 

でも、日常生活に支障をきたすほどの筋肉痛が怒襲ってくるならちょっとそれは危険信号だと思いますので、気を付けましょう。

 

筋トレで筋肉に負担がかかると筋肉内に小さな傷が出来るんです。

 

でも、私達の体はとっても優秀なのでこの傷も勿論体内で修復作業がスタート。

 

でも、なんの痛みも起こさずにこの傷を修復することは不可能なので多少の痛みを我々は治る代償として引き受けなければなりません。

 

その痛み。というのが、筋肉痛なんですね。

 

そして、体内でその傷が修復されるとなんと我らの細胞は天才なんです。

 

以前よりもその傷ついた筋肉がまた傷を負わないように以前より太くして強くしてくれるわけです。凄くないですか?

 

この筋肉強化のメカニズムは「超回復」と呼ばれているようです。

 

確かに、その名の通り「超回復」。

 

ドラゴンボールで例えるならば、サイヤ人でしょうか。悟空やベジータ達のサイヤ人は瀕死の傷を負って回復すると、以前よりも強くなって復活しますよね。

 

それと同じメカニズムが私達の身体は既に備えていたという事実!

 

私達もサイヤ人と同じだったわけです!笑

 

筋トレで受ける筋肉痛の意味は?

 

では、私達の体内はサイヤ人と同じで筋肉痛を受けると復活するときには以前よりも太い筋肉を持っているということは分かりましたね。

 

では、筋肉痛がもたらす意味はいいサインと受け取っていいのでしょうか?

 

はい。とってもいい意味だと受け取りましょう!

 

定期的に筋肉に負担をかけると、筋肉痛がおきて筋肉は太くなっていきます。

 

なので、筋トレ中の方は筋肉痛が起きているならば歓迎すべき痛みなので我慢しましょう!笑

 

でも、あまりに激しい痛みなら筋トレの方法に何か問題があり身体が悲鳴を上げている可能性もあるのでその場合は病院に行きましょうね。

 

日々の生活に支障をきたすほどの痛みはは要注意です。

 

ほどよい痛みの筋肉痛なら万々歳ですが。その辺りはしっかりと見極めて筋トレを行いましょう!